Recent entries
2008/03/23 (Sun) 坂本真綾
2008/03/14 (Fri) 綺麗な絵にご用心
2008/03/03 (Mon) 俺だよ俺!
2008/02/18 (Mon) 更新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分が書き込む間に最低2回はペットに荒されるいさきです。こんにちは。

今回は久しく?ゲームソフト紹介です。タイトルは「アンリミテッド・サガ」(2002年スクウェアより)

累計800万本以上を売り上げている(スクウェアよりの発表)、大作RPGのPS2進出作品となったソフトですが・・・
サガシリーズやRPGファンにとって待ち焦がれていたであろう期待の新作!
・・・・ではあったのですが、実際発売されると多くの人が「こりゃ最悪だ」と口を揃え、あっという間に糞ゲーという迷誉をもらい、中古では1000円以内で買えてしまえ、終いには新品ですらワゴンセールされる一本になっていました。

さて、そんないわくつきのアンリミテッドサガですが。どういったものなのでしょうか。



公式より「伝説の『“七大驚異” The Seven Wonders』。その力をすべて解放したとき、神は現れ、再び黄金時代が訪れるという。伝説を信じる冒険者達はその謎を解き明かす為に旅立つ!」

なんか夢膨らむ感じですよね。

主人公はサガらしく、数人いる中から一人を選んでいく形。そこで各人のストーリーが展開していきます。

ここまでなら特に問題がないのですけど。。。

問題なのはそれを進めるにあたってのシステム全般が非常に分かりにくい点にあります。
さらに、分かりにくいにもかかわらず、説明書は説明不足でさっぱり理解できないときました。

要素としては、ナゾなフィールド。そしてルーレットが頻繁に使われるといったところでしょうか。

まずは町からスタート。そこの宿屋で情報を収集して、冒険を選択。いざ出発。

フィールド(と呼べるのか?)はなぜかキャラの形のコマを一歩ずつ進めるすごろくのような雰囲気。情景は隅にちょこっとだけビジュアルイメージがある程度。何かあるところは、文章で表示されます。

そして道中ランダムに罠や宝箱があって、それを回避しようと(開けようと)すると突然ルーレットが回りだします。成功すればOK。失敗すればダメージ。ビタ止まりしないので運要素抜群です。

たまに敵も出てきます。襲ってくることもあるし、逆に襲い掛かることも出来ます。かといって戦局が変わるわけではないですが。

戦闘においてもルーレットが絡みます。
まず、基本的な攻撃動作があって、それを選択。戦闘開始になるとルーレットが回り、出した色で今まで覚えた技が発動します。これはちゃんとビタ止まりするので、目押しがうまければまず気にならないかと。
しかし、連携を考えるとなると話は別になってきます。

このシリーズは連携が結構メジャーで、技と技同士がひとつの行動になって大ダメージを与えるというもの。(例えば多段剣というわざとジャベリンという技が連携すると多段リンとなる。)

連携は任意に決められますが、敵の行動までも連携に関わってくるので、狙ったとおりに出せないという状況になってます。

また、連携するとどんどんルーレットが増えていき、全てのアクションを狙って出したい技を出すことがかなり難しくなります。

そしてもう一つの難点は勝敗の決定方法です。
基本的なRPGというやつは、HP(ヒットポイント)というヤツがあって、それを敵味方互いに0にするまで戦闘が続きます。
ですが、このゲームにはHPの他にLP(ライフポイント)というものが設定されていて、こっちを0にしないと戦闘不能状態に持ち込むことができません。つまり、HPが0であろうが、LPさえ残ってれば戦えるということになります。
もちろん、HPが0になればそれだけLPにダメージがいきやすくはなるのですが、なかなかそうもいかず、逆にHPがいくらあってもLPが削られることもしばしば。慣れないといつまでたっても戦闘が終了しないことがあります。

ただでさえハナから理解不能な点が多いゲームなのに、RPGの要である戦闘すらわけわからんことになっているので、プレーヤーもゲーム性に慣れることなく、どんどん手放されていく。結果糞ゲーになってしまった。って感じでしょうか。やっぱり出したいときに技が出せないのは痛かったようです。

で、この流れはどこからきたのか?
公式より「 累計800万本を超える伝説のRPGシリーズ“SaGa”がついにPS2で復活。成長と発見。それがRPGの本質を突き詰めた答え。より洗練され、極限まで無駄を排除したゲームシステムがそれを明確化する。」

やった人は洗練しすぎ!って思うかもしれないこの作風は、テレビゲームにおけるRPGの先祖にあたる、TRPG(テーブルトーク型ロールプレイングゲーム)なんですね。

TRPGとは、対話型ロープレってやつで、複数人が集まって、職業や能力を決め、ゲームマスターの管理の下に話を進行していく、いわば会話上の「ごっこ遊び」のことです。ゲームマスターが考えた背景や設定、問題に参加者は自分なりの行動を喋って意思表示し、それに対してゲームマスターが話を進めていく。要所でダイスなどを振って成否を決めたりもする。

まさにこのアンリミテッドサガはTRPGの概念を使ったゲームだといえます。

実際には、TRPG自体を知っている人がゲームをする人には少なかったため、受け入れられなかったのかもしれません。

でも、自分はTRPGをやったことが無かったですけど、このゲームは結構好きです。わけわからないこともカナリあるけど根気よくやってるうちに徐々に理解し、攻略本とかも読んだりしてシステムを理解すれば、話それ自体はおもしろいので、がんばれるって気持ちになります。噛めば噛むだけ味が出る感じです。

・・・まぁ、攻略本を買わないとさっぱり分からないのは確かだし、そういったゲームはなるべくやめて欲しいですが。

音楽もきれいな曲が多いし、グラフィックも温かみのあるタッチで全体的に癒されます。

今なら破格で手に入るこのソフト。ぜひ触れてみてはいかがでしょうか?



usaga_001.jpg

スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 いさきのつれづれまったりんぐ, All rights reserved.











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。