Recent entries
2008/03/23 (Sun) 坂本真綾
2008/03/14 (Fri) 綺麗な絵にご用心
2008/03/03 (Mon) 俺だよ俺!
2008/02/18 (Mon) 更新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今月11日から公開された映画「サイレン」に喚起され、2年前にやったPS2「サイレン」を思い出しながらのレビュー(紹介と感想)です。

ホラーゲーム好きならぜひ一度はやってみる価値大なので、参考程度にみてください。
このサイレン、確か2004年に発売され、当時流れたCMはあまりに怖いため途中放送禁止になったといわれているいわくありなゲームです。ジャンル分けするならホラーアドベンチャーですが、公式HPによるなら「サバイバル群像劇」だそうです。個人的には「もう一度やりたいけど二度とやりたくないゲーム」です。イミワカンネェよ!って人がほとんどでしょうがそうなんだもん。許してください。

あらすじは(うろ覚えですが)
オカルト好きな青年が夏休み、ある記事の真否を確かめるために訪れた山村ハニュウダ村。ここには土着文化と信仰が根強く息づいていて、他地域から隔離されたような村だった。
青年が村に着いたとき突如鳴り響く不気味なサイレンの音。そして村の外にはなぜか真っ赤に染まった海が広がっている。しかも村人はみんなおかしくなっている。このときから青年はハニュウダ村の変異へと巻き込まれていくことになる・・・
こんな感じです。

ホラーですから、怖い要素も多くあります。敵の屍人(シビト)がキモ怖い。武器がない状態で襲われるとまず勝ち目がない。そのくせプレイヤーの体力がなさ過ぎてすぐに死んでしまう。
このなかでやっぱり屍人の怖さが一番デカイです。視界ジャック(後で説明)中の息づかい、声、動き、すべてにおいて生理的にキツイものがあり、苦手な人は最初の最初すらクリアできないでしょう(そんな人はまずプレイしようと思わないでしょうが)。最初から最後まで出てくるやつらなので、この人たちの存在は大きいです。出てくるキャラクターたちは妙にリアルな表情をするため(実在の役者さんたちの顔をコンピューターを使ってキャラクターにしてるため)、さらに怖さを掻き立てます。

先に述べるならこのゲームはかなり難易度は高めになっています。何がそこまで難しいのか。後で書きます。

さて、このゲームは「群像劇」というように、おじ様から小学生まで10人近くいるキャラクターを操作して話(ステージ)を進めていきます。まあここまでは人の多さを抜いたら普通のアドベンチャーですね。では何が他と違うのか。一番は「視界ジャック」システムです。
視界ジャックとは、名前のごとく他の人物の視界を自分が見ることができるという、ちょっと変わったものです。
主人公たちは基本的に屍人と呼ばれる敵から逃げながら各エリアごとに決められた目的を達成します。この際、視界ジャックを使って敵の動きや巡回ルートを確認し、なるべく見つからないように進んでいくわけです。
もうひとつの特徴はいろんな人を操作して物語の核心に近づいていくというもの。「何時何分Aさんがここでこんなことをしているとき、Bさんはあそこでこんなことをしていた。」というような流れで話を進めます。なぞのままどんどん先に進むのでこれからどうなるのかがすごい気になります。

さて、次からは難易度が高いという理由をあげてみます。
難度を上げる要素1.視界ジャック。一番重要なシステムなのですが、使いにくさから逆に難しくなっています。これをうまく使わないとまず先に進めません。意外に除き見ることができてもどこら辺にいるかとかはいまいちわからないため、移動に細心の注意が必要になってきます。

難度を上げる要素2.この屍人、倒しても死にません。いや、もう死んでるから死ぬって表現はおかしいですが。まあ良くあるゾンビがわらわら出てくるゲームは、しぶといけど倒せば復活というのはあまりないのですが、サイレンでは少し動かなくなるだけでまた起き上がります。そのくせ農具で襲い掛かってきたり発砲してきたり、ゾンビよりたちが悪い。

難度を上げる要素3.ヒントが結構少ない。ある条件を達成すればクリアといったものは、そこまで到達するのが難しいことと、何を使えばいいのかがわかりにくくなっています。

とまあいくつか挙げてみましたが、それでも自分がクリアできたのは、その難しさを越えてでも話の続きが気になったからです。きになることが次々とでてきて、それが知りたくて幾度も屍人に殺られる。

最初にアドベンチャーとは書きましたが、今思えばこれは昔のアクションゲームにあった「覚えゲー」のひとつだとおもいます。何度もやられててきのパターンを覚えて、ようやく先に進める。作業自体は苦痛だけどなんとか次に行きたいという信念だけで進むゲームです。この精神がないとクリアは難しいです。

自分は今思えばやってよかったなって思えるものでした。ゲームが好きで、ホラーができる人はぜひ一度手にとって見てください。いまならベストも出たからかなり安く手に入るはず。映画も公開されたし、2もでたし(こっちはかなり易しくなってる模様)、気になってる人は是非おすすめですよ~。
スポンサーサイト



やっ(てるのを後ろから見て)たよ!
いま1日めの3時か5時かな?あとでレビゥみたいなのを書こうと思います(・ω・)ゝ
1すでになつかしいねー。「もう一度やりたいけど二度とやりたくない」←わかる!
謎ときとかは楽しいけど屍人の包囲網とか同じステージを何度もやったりとかは、見てるだけでもウンザリする;
【2006/02/15 17:21】 URL | チイロ #-[ 編集]
まったくだよ。
やってるほうももちろんいらいらする。

そのぶんクリアしたときの感動はひとしおだけどね。
Mな人じゃないと無理だよあれはw
【2006/02/17 17:17】 URL | いさき #yjNqSLcc[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 いさきのつれづれまったりんぐ, All rights reserved.











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。